妊活

妊活に効果的な食事とは

妊活を成功させるためには食生活や生活習慣を見直す必要があります。食事に関してはトランス脂肪酸が多く含まれている食品を控えるようにすることが大切です。

 

食用油やドレッシングに含まれている油はオリーブオイルなどに変えることでトランス脂肪酸を減らすことができます。加工食品よりも自然に近い食品を積極的に利用することで、食品に含まれている農薬や添加物を削減できます。

 

乳製品に多く含まれているカルシウムは、男性に対しても女性に対しても妊活するために生殖器の健康を守ります。女性に効果的な食事は動物性たんぱく質を控え、鉄分が多く含まれている脂身の少ない肉類も適度に摂取が必要です。妊活中の食事は、身体を温める効果のある食材をバランスよく組み合わせ、調味料や香辛料、調理方法を工夫する事によって美味しい食生活を送りながら妊活を成功させることが可能です。

 

野菜や豆類、果物に多く含まれている葉酸も妊活に重要で、生まれてくる赤ちゃんの神経管閉塞障害のリスクを低下させることができます。妊娠をしている人にも大切ですが、妊娠する予定がある人にとっても摂取をしていくのが良いです。食事制限をしすぎてストレスがかかったりしないようにしなければなりません。

妊活中にとっておきたいサプリ

妊活中には妊娠しやすい身体をつくるための栄養素を食事でしっかりと摂取することが大切ですが、毎日の食事では十分に摂れない栄養素も存在するので、サプリメントを積極的に活用するのもお勧めです。

 

まず、妊娠しやすい身体をつくるには、女性ホルモンのバランスを整えるとともに、血行を良くして冷え症などの妊娠を阻害する要因を取り除くことが大切です。

 

女性ホルモンや血液成分は様々な種類のアミノ酸を材料にしてつくられているので、アミノ酸を効率よく摂れるサプリメントを利用することが有効です。

 

また、妊娠して赤ちゃんをお腹の中で育てるためには、妊娠中に不足しやすい栄養素をしっかりと摂ることが重要なので、妊活中には特に不足しやすいビタミン・ミネラル類をサプリメントを活用して積極的に補給するのもお勧めです。

 

特に、葉酸は正常な細胞分裂のために必要な栄養素であり、妊娠初期に葉酸が不足していると、出産後に赤ちゃんに先天性の障害が起こりやすくなったり、流産しやすくなったりするので、妊活中は葉酸サプリを活用して厚生労働省が推奨する量(1日400μg程度)を毎日摂れるようにしましょう。

 

その他にも、妊活中には鉄、亜鉛、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなどのビタミン・ミネラルが不足しやすいので、食事だけでこれらの栄養素が十分に摂れないときには、マルチビタミン&ミネラルサプリを利用して補うのもお勧めです。

妊活中の方にとって必須の葉酸サプリですが、人気の葉酸サプリの情報をまとめたサイトを作りました。よかったら参考にしてください。